こんにちは、

ㅤㅤ
歩く時間を増やそうと徒歩50分の
コメダ珈琲のチケットを5組買った

秋田俊弥(あきたとしや)です(^○^)

ㅤㅤ
でも、雨の日だったり、ちょっと忙しいと
歩いていく勇気がなくなってしまって(;∀;)
ㅤㅤ
ㅤㅤ
さて今日は、うまくいかないことが続くと
陥ってしまう“罠”についてお伝えします。

なぜこのテーマにしたかというと、
クライアントのKさんから、

「新築の問い合わせが
 なかなか来なくて困ってるんです」

と相談されたことがきっかけです。

ㅤㅤ
チラシやホームページで集客して、
リフォームの問い合わせは来るけれど、
ここ2年ほど、新築の問い合わせは
まったく来ないというんです。

ㅤㅤ
その原因としてKさんは
“ライバルがどんどんライティングスキルを
 上げていることにある”
と言います。

ㅤㅤ
確かにその通りです。

ㅤㅤ
誰もがホームページやSNSを使って、
集客を増やそうと勉強していますからね。

ㅤㅤ
ただ、わたしは
新築の問い合わせが来ない本当の原因は
違うところにあると思ったんです。

ㅤㅤ
なぜそう思ったかというと、
Kさんの焦点を当てているところが、

「自社の施工技術や建材、工法の良さを
 どうアピールするかになっている」

と感じたからです。

ㅤㅤ
その方向の考え方になってしまうと、
新築を考えている
お客さんの気持ちを理解しようとすること
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
を忘れてしまいます。

ㅤㅤ
Kさんが焦点を当てている、
技術や製品の良さ。

ㅤㅤ
違う角度から言うと
「自社の良さを分かってもらおうとする考え方」
と言えます。

ㅤㅤ
反対に、
お客さんが気になっていることを確認して、
お客さんの気になることを知ろうとする考え方
の人がいたとしたら、、、

お客さんが共感するのは、

どちらだと思いますか?

わたしがお客さんだったら、
後者を選びます。

ㅤㅤ
Kさんはお客さんだけでなく、
誰に対しても優しさいっぱいの人です。

ㅤㅤ
その優しさを、
お客さんの気になることを確認する
^^^^^^^^^^^^^^^^
に向けることで、Kさんの人柄が
お客さんに伝わるようになります。

ㅤㅤ
このことに、わたしが気づいたのは、
1年前のことです。

ㅤㅤ
セミナーを開催しても、
真剣に話を聞いてくれない人がいました。

ㅤㅤ
どうしたら
セミナーに集中してもらえるだろう?
と考え、

「確認だ!」

と気づきました。

ㅤㅤ
クライアントには
「常に確認しよう」と言ってるのに、
自分はできていませんでした(> <)

そのことに気づき、
セミナー中、参加者の様子を見ながら、
ひとつひとつ確認しながら
進行していきました。

ㅤㅤ
すると、
参加者の真剣度が上がり、
満足度も上がりました\(^o^)/

ㅤㅤ
大切なのは、常に確認すること。

こんな基本中の基本的なことなのに、
うまくいかないことが続くと、
ついつい、忘れてしまうんです(//∇//)

ㅤㅤ
この「確認」を、
商談するときだけでなく、施工中も
売った後までも、気になることがある度に
行う。

ㅤㅤ
そうすることで、
新築を考えているお客さんの気持ちを
理解できるようになります。

ㅤㅤ
どれだけライティングスキルを
身に着けたとしても、、、

その

根本の部分=お客さんが気になっていること

がわかっていなければ、
どれだけ上手な文章でも
お客さんの心に響くものにはなりません。

ㅤㅤ
なのでいろんな角度から
お客さんの気持ちを確認することが
なにより一番大切です。
ㅤㅤ
ㅤㅤ
◆今日のポイント

ㅤㅤ
『どんな時も、
 常に確認する気持ちを持とう』